東京都1類B(一般方式) 専門記述過去問まとめ ★品揃え日本一、10科目全てに対応★

この記事は約18分で読めます。

禁無断転載
(著作権法にかかる訴訟を躊躇しない人間が書いています)

憲法

【平成2年】外国人の人権について述べよ。

【平成3年】立法権の意義と範囲について述べよ。

【平成4年】教育を受ける権利について述べよ。

【平成5年】違憲立法審査権について述べよ。

【平成6年】租税法律主義について述べよ。

【平成7年】条約締結の手続き及び国会の条約修正権について述べよ。

【平成8年】知る権利について述べよ。

【平成9年】職業選択の自由について述べよ。

【平成10年】財産権の保障と制限について説明せよ。

【平成11年】国政調査権について述べよ。

【平成12年】内閣の権能と中央省庁改革基本法による内閣の機能強化について述べよ。

【平成13年】外国人の人権について述べよ。

【平成14年】報道の自由について説明し、プライバシーの権利との両立についても言及せよ。

【平成15年】通信の秘密について説明せよ。

【平成16年】法の下の平等について説明せよ。

【平成17年】環境権について説明せよ。

【平成18年】予算と法律の関係について説明し、国会の予算修正権についても言及せよ。

【平成19年】司法権の独立について説明せよ。

【平成20年】財産権の保障について説明せよ。

【平成21年】違憲審査制の意義を述べ、違憲判断の方法について説明せよ。

【平成22年】表現の自由の意義を述べた上で、表現の自由を規制する立法に対する合憲性の判定基準のうち3つをあげ、それぞれについて説明せよ。

【平成23年】生存権の意義を述べた上で,生存権の法的性格について、朝日訴訟及び、堀木訴訟の最高裁判決に言及して説明せよ。

【平成24年】条例の意義について述べた上で、条例制定権の範囲と限界について、奈良県ため池条例事件及び徳島市公安楽例事件の最高裁判決に言及して脱明せよ。

【平成25年】法の下の平等の意義について述べた上で平等原則違反の違意審査基準について、最高裁判所の尊属殺重罰規定違憲判決に言及して説明せよ。

【平成26年】私入間における人権の保障に関して、私人間への適用を認める2つの考え方どそれぞれの問題点について、三菱樹脂事件及び日産自動車事件の最高裁判決に言及して説明せよ。

【平成27年】国政調査権の意義、性質、範囲と限界について説明せよ。

【平成28年】外国人の人権について説明せよ。

【平成29年】違憲審査制の意義及び違憲判決の効果について、それぞれ説明せよ。

【平成30年】環境権の意義および提拠についてそれぞれ説明せよ。なお、大阪空港公害訴訟を含む環境権に関する最高裁判決の動向にも言及すること。

【平成31年】日本における二院制の存在意義について述べた上で、衆議院の優越について説明せよ。

民法

【平成21年】表見代理制度の意義を述べ、表見代理の3つの類型についてそれぞれ説明せよ。

【平成22年】民法第177条に規定する不動産物権変動の対抗要件及び第三者の範囲について説明せよ。

【平成23年】保証債務の意義及び性質について説明せよ。

【平成24年】時効の中断について、時効の中断事由に言及して説明せよ。

【平成25年】動産の即時取得の意義、要件及び効果について説明せよ。

【平成26年】債権者代位権の意義,要件、客体、行使及び効果について説明せよ。

【平成27年】不法行為の意義を述べ、一般不法行為の成立要件について説明せよ。

【平成28年】通謀虚偽表示の意義について述べた上で、効果について説明せよ。

【平成29年】物権的請求権の意義、根拠、種類及び消減時効について、それぞれ説明せよ。

【平成30年】債務不履行による損害賠償について、意義、損害賠償の範囲、損害賠償の範囲の特則を、それぞれ説明せよ。

【平成31年】消費貸借の意義について述べた上で、その成立要件及び効力について、それぞれ説明せよ。

行政法

【平成1年】行政上の計画について説明せよ。

【平成2年】行政事件訴訟法に定めの取引訴訟のの意義および原告適格について説明せよ。

【平成3年】行政行為の取消しについて説明せよ。

【平成4年】行政立法について説明せよ。

【平成5年】営造物の設置管理の瑕疵に継つく損害賠償について説明せよ。

【平成6年】行政行為の俯瞰とその限界について説明せよ。

【平成7年】行政不服申立ての種類および行政不服申立ての要件について説明せよ。

【平成8年】行政計画の意義とその法的問題点について説明せよ。

【平成9年】不作為の違法確認訴訟について説明せよ。

【平成10年】行政手続法について説明せよ。

【平成11年】行政罰について説明せよ。

【平成12年】行政裁量について説明せよ。

【平成13年】損失補償の意義とその要否について説明せよ。

【平成14年】行政指導の意義について述べ、行政指導に対する法的救済についても説明せよ。

【平成15年】行政行為の撤回について説明せよ。

【平成16年】行政契約について説明せよ。

【平成17年】行政行為の附数とその限界について説明せよ。

【平成18年】行政機関の保有する情報の公開に関する法使(行政機関情報公開法)について説明せよ。

【平成19年】国家賠償法に定める公権力の行使に基づく損害の賠償責任について説明し、国家賠償請求訴訟と抗告訴訟との関係についても言及せよ。

【平成20年】行政事件訴訟法に定める義務付けの訴えについて説明し、仮の義務付けについても言及せよ。

【平成21年】行政手統法に定める意見公募手続きの制要について。地方公共団体への適用にも言及して、説明せよ。

【平成22年】行政立法についてその意義を述べた上で、法規命令と行政規則とに分けて説明せよ。

【平成23年】行政裁量について、司法審査による統制の観点から説明せよ。

【平成24年】行政行為の瑕疵について脱明し、あわせて行政行為の瑕疵の治癒及び違法行為の転換についても言及せよ。

【平成25年】行政上の不服申立ての意義を述べた上で、行政上の不服申立てに係る教示制度について説明せよ。

【平成26年】行政上の強制執行の意義を述べた上で、行政上の強制執行の種類を4つあげ、それぞれ説明せよ。

【平成27年】行政行為の附款について説明せよ。

【平成28年】行政手続法に定める「行政指導の中止等の求め」及び「処分等の求め」について、それぞれ説明せよ。

【平成29年】行政不服審査法の平成26年の全部改正の意義を簡潔に述べた上で、同法に定める不服申立ての種類及び審理手続を行う者並びに行政不服審査会等への諮問について、それぞれ説明せよ。

【平成30年】行政罰の意義を述べた上で、行政罰の種類を2つ挙げ、それぞれ説明せよ。

【平成31年】行政行為の職権取消及び行政行為の撤回について、それぞれ説明せよ。

経済学

【平成2年】インフレ・ギャップとデフレ・ギャップについて説明せよ。

【平成3年】価格変化に伴う所得効果と代替効果について図を用いて説明せよ。

【平成4年】屈折需要曲線の理論を図を用いて説明せよ。

【平成5年】消費者均衡を無差別曲線を用いて説明せよ。

【平成6年】消費者余剰と生産者余剰について図を用いて説明せよ。

【平成7年】独占市場における均衡を図を用いて説明せよ。

【平成8年】完全競争市場が成立するための条件について説明せよ。

【平成9年】ライフサイクル仮説について説明せよ。

【平成10年】市場の失敗について説明せよ。

【平成11年】クールノー均衡について説明せよ。

【平成12年】資本の限界効率の理論を説明し、低金利下に投資が増加しない3つ理由に言及せよ。

【平成13年】IS-LM 曲線とクラウディング・アウトについて説明せよ。

【平成14年】国際貿易における比較優位の原因ついて説明せよ。

【平成15年】外国為替相場における購買力平価説について説明せよ。

【平成16年】国民所得の決定理論について説明し、インフレ・ギャップとデフレ・ギャップについても言及せよ。

【平成17年】独占的競争について図を用いて説明せよ。

【平成18年】投資の決定について、ケインズ的投資理論、新古典派投資理論及び、トービンのq理論を比較して説明せよ。

【平成19年】自然失業率仮説について、フィリップス曲線を用いて説明せよ。

【平成20年】費用逓減産業における自然独占について説明し、政府による価格規制についても言及せよ。

【平成21年】外部不経済について、市場メカニズムでは効率的な資源配分が達成できないことを図を用いて説明し、ピグー税及びコースの定理についても述べよ。

【平成22年】新古典派経済成長モデルにおける定常状態について、マクロ生産関数Y=F (K,L)を用いて説明せよ。ただし、Yは生産量、Kは資本ストック、Lは労働供給量をそれぞれ表すものとする。

【平成23年】需要の価格弾力性について、図を用いて説明せよ。

【平成24年】ライフサイクル仮説の意義を述べた上で、ライフサイクル仮説について図を用いて説明せよ。

【平成25年】損益分岐点及び操業停止点について、図を用いて説明せよ。

【平成26年】金融政策の効果について、流動性の罠に言及しながら、IS曲線とLM曲線を示した図を用いて説明せよ。

【平成27年】生産物市場における独占企業の価格及び生産量の決定について、完全競争市場との違いに言及しながら、図を用いて説明せよ。

【平成28年】市場での自由な取引だけでは望ましい資源配分が実現しない場合を3つ挙げ、それぞれ説明せよ。

【平成29年】屈折需要曲線の理論について、図を用いて説明せよ。

【平成30年】マンデル=フレミング・モデルの概要を述べた上で、小国を前提として、変動相場制の下で資本移動が完全に自由である場合における、財政政策と金融政策の効果について、それぞれ説明せよ。

【平成31年】外部不経済の下での市場均衡について説明せよ。また、外部不経済の内部化の方法のうち、課税による方法及び補助金による方法についてそれぞれ説明せよ。なお、説明には図を用いること。

財政学

【平成2年】租税負担の転嫁と帰着について説明せよ。

【平成3年】公債管理政策の意義および経済的効果について説明せよ。

【平成4年】国民経済における財政の機能について説明せよ。

【平成5年】財政投融資について説明せよ。

【平成6年】消費税の特徴について説明せよ。

【平成7年】市場の失敗を補完するのに必要な政府の対策について説明せよ。

【平成8年】間接税と直接税について説明せよ。

【平成9年】ポリシー・ミックスについてマンデルの図式を用いて説明せよ。

【平成10年】公債を発行した際のクラウディング・アウト効果について説明せよ。

【平成11年】負の所得税について説明せよ。

【平成12年】財政の3つの機能と今日的課題について説明せよ。

【平成13年】わが国の所得税制の問題点について、垂直公平と水平公平の観点から説明せよ。

【平成14年】公債管理政策の意義及び目標について説明し、財政法に述べられている公債発行の2つの原則についても述べよ

【平成15年】財政投融資の概要について、最近の制度改革を踏まえながら説明せよ。

【平成16年】地方交付税制度の概要について説明し、最近の動向についても言及せよ。

【平成17年】財政の経済安定化機能について、自動安定化装置と裁量的財政政策と対比させて説明せよ。

【平成18年】直接税と間接税について説明し、我が国の税制における直接税と間接税の特徴についても説明せよ。

【平成19年】公債の特徴を租税の特徴と対比して説明し、公債発行に伴うクラウディング・アウト効果についても言及せよ。

【平成20年】アタム・スミスの租税原則及びワグナーの租税原則について、租税の負担配分および財政の役割を踏まえて、それぞれ説明せよ。

【平成21年】地方交付税制度について、その目的及び機能を述べ、普通交付税の算定方法について説明せよ。

【平成22年】リカードの中立命題及びバローの中立命題について、それぞれ説明せよ。

【平成23年】地方税の原則について説明せよ。

【平成24年】市場の失敗を説明した上で、公共財の特徴及び種類について説明せよ。

【平成25年】租税負担の配分原則である利益説及び能力説について説明せよ。

【平成26年】予算の意義を述べた上で、予算原則のうち、完全性の原則、単一性の原則及び限定性の原則について、それぞれ説明せよ。

【平成27年】マスグレイブの財政の3機能について、具体例を挙げながら説明せよ。

【平成28年】地方財政財政計画について、その概要及び役割を説明せよ。なお、歳入・歳出の構成についても言及すること。

【平成29年】国債発行に関する国債管理政策の意義及び2つの目標について説明せよ。なお、償還期限による国債の分類についても言及すること。

【平成30年】租税の根拠に関するニつの説をそれぞれ説明した上で、租税の負担配分に成する二つの原則を、それぞれ説明せよ。

【平成31年】公債の負担に関するリカードの等価定理について、予算制約式を用いて説明するとともに、バローの中立命題について併せて説明せよ。

政治学

【平成3年】選挙制度における代表選出の方法種類をあげ、それぞれの特徴について説明せよ。

【平成4年】圧力団体の意義と機能について説明せよ。

【平成5年】マックス・ウェーバーによる支配の正総性の3類型について説明せよ。

【平成6年】大衆民主主義の成立改定を述べ、政治に及ぼした影響について述べよ。政党の機能について説明せよ。

【平成7年】議会政治の基本原理について説明せよ。

【平成8年】大衆運動の政治的効果について説明せよ。

【平成9年】政治的リーダーシップについて説明せよ。

【平成10年】多元的国家輪について説明せよ。

【平成11年】国際連合のPKOについて説明せよ。

【平成12年】ラスウェルとリースマンの示した政治的無関心の類型について説明し、彼の主張の現代的意義について説明せよ。

【平成13年】ウェーバーの官僚制理論とその逆機能について述べよ。

【平成14年】議会主義の危機といわれる状況について、わが国の現状を踏まえて説明せよ。

【平成15年】小選挙区と比例代表制について説明せよ。

【平成16年】サルトーリによる政党制の類型について説明せよ。

【平成17年】テザースフェルトの示したマスコミューケーションの効果について説明し、ラザースフェルドとマートンによるマス・メディアの3つの機能についても述べよ。

【平成18年】圧力団体の意義及び機能を述べ、政党との違いを述べよ。

【平成19年】アーモンドとヴァーバとによる政治文化の研究について3つの類型に言及しながら説明し、研究に対する批判も述べよ。

【平成20年】議会政治について説明し、二院制についても述べよ。

【平成21年】投票行動におけるコロンビア大学での研究、ミシガン大学における研究についてそれぞれ説明せよ。

【平成22年】ホッブスが『リヴァイアサン』で述べた政治思想について説明せよ。

【平成23年】現代社会における政党の意義及び機能について説明した上で、サルトーリが分類した政党制の類型について説明せよ。

【平成24年】政治的リーダーシップについて、特性理論及び状況理論に言及して説明せよ。

【平成25年】小選挙区制及び比例代表制の仕組みについて、長所と短所に言及して説明せよ。

【平成26年】圧力団体の意義及び機能を述べ、政党との違いを述べよ。

【平成27年】ダールのポリアーキー論について説明せよ。

【平成28年】ミルズの「パワーエリート」について、リースマンの多元主義と比較しながら説明せよ。

【平成29年】政治的無関心について、ラスウェルの類型及びリースマンの類型に言して説明せよ。

【平成30年】ルソーの社会契約論における「自然状態」と「一般意志」について、それぞれ説朋せよ。

【平成31年】政党が成立するための条件及び政党の機能を述べた上で、サルトーリが分類した政党制の類型について説明せよ。

社会学

【平成2年】社会移動について説明せよ。

【平成3年】社会集団の意議を述べ、代表的な分類方法を2つあげて説明せよ。

【平成4年】コミュニケーション過程におけるオビニオンリーダーとフォロワーの役割について説明せよ。

【平成5年】群集・公衆・大衆について説明せよ。

【平成6年】マス・コミュニケーションの社会的機能について説明せよ。

【平成7年】現代社会におけるテクノクラートについて説明せよ。

【平成8年】家族の機能の変化について説明せよ。

【平成9年】社会に対する文化の機能について説明せよ。

【平成10年】大衆社会について説明せよ。

【平成11年】社会調査の意義と方法について説明せよ。

【平成12年】Eフロムが『自由からの逃走』で論じた、権威主義的性格について説明し、彼の主張が現代的である理由も言及せよ。

【平成13年】アノミーについて、デュルケムとマートンの説をもとに述べよ。

【平成14年】大衆社会における権力構造について説明し、中間集団の機能や意義についても説明せよ。

【平成15年】インフォーマル・グループについて説明せよ。

【平成16年】Mウェーバーの理解社会学について社会的行為の4類型を中心に説明せよ。

【平成17年】ワースのアーバニズム論について説明し、都市社会学に与えた影響についても言及せよ。

【平成18年】家族の形態と機能に関するマードックの説を説明し、家族論におけるその意義についても言及せよ。

【平成19年】リースマンによる社会的性格の3つの類型について、それぞれ説明し、リースマンの社会的性格論の意義についても言及せよ。

【平成20年】ギデンズの構造化理論について説明せよ。

【平成21年】テンニースによる社会集団の類型について説明せよ。

【平成22年】パーソンズのAGIL図式について説明せよ。

【平成23年】コントによる社会静学及び社会動学について述べた上で、コントの三段階の法則を説明せよ。

【平成24年】デュルケムの主張した社会的事実について述べた上で、デュルケムの自殺論について説明せよ。

【平成25年】バージェスの同心円地帯理輪について、同心円地帯理輪に対するホイトの主張や。ハリスとウルマンによる批判にも言及して説明せよ。

【平成26年】社会的自我に関するG.Hミード及びC.H.クーリーの理論について、それぞれ説明せよ。

【平成27年】スペンサーの社会進化論について説明せよ。

【平成28年】家族の機能について、マードックの説を中心に説明せよ。なお、パーソンズの説についても言及すること。

【平成29年】ラザースフェルドによるマス・コミュニケーションの3つの機能こついて、それぞれ具体例を挙げて説明せよ。

【平成30年】マッキーヴァーによる社会集の類型を二つ挙げ、それぞれ説明せよ。なお、両者の関係についても言及すること。

【平成31年】マ一トンのアノミー論について、五つに分類される個人的適応様式に言及して説明せよ。

経営学

【平成16年】アンゾフの成長ベクトルについてマトリックスを用いて説明し、シナジー効果についても言及せよ。

【平成17年】リーダーシップの行動理論におけるミシガン研究、オハイオ研究及びPM理輪について、それぞれ説明せよ。

【平成18年】コーポレート・ガバナンスについて説明し、委員会等設置会社についても説明せよ。

【平成19年】生産志向のマーケティング・コンセプト、販売志向のマーケティング・コンセプト及び顧客志向のマーケティング・コンセプトについて、それぞれ説明し、ソーシャル・マーケティングについても述べよ。

【平成20年】ポーターが分類した5つの競争要因を説明した上で、彼が主張した競争の3つの基本戦略について説明せよ。

【平成21年】ドラッカーの「顧客の創造」について説明した上で、彼が主張した「企業の2つの基本的な機能」について説明せよ。

【平成22年】SWOT分析について説明せよ。

【平成23年】サイモンの意思決定論について説明せよ。

【平成24年】コトラーの競争地位別戦略について説明せよ。

【平成25年】ボストン・コンサルティング・グループの開発したプロダクト・ポートフォリオ・マネジメントについて、その問題点にも言及して説明せよ。

【平成26年】バーナードの組織論について、権限受容説に言及して説明せよ。

【平成27年】人間関係論について、ホーソン実験に言及して説明せよ。

【平成28年】事業部制組織について、長所と短所に言及して説明せよ。

【平成29年】企業の国際化の意義と動機について説明した上で、多国籍企業に関するストップフォードとウェルズのモデルについても言及せよ。

【平成30年】イノベーションについて、シュンペーターの理輪に言及した上で、生産性のジレンマ及びイノベーターのジレンマをそれぞれ説明せよ。

【平成31年】動機づけ理論における内容理論及び過程理論に言及した上で、マグレガーの X 理論・Y 理論及びハーズバーグの2要因理論について説明せよ。

行政学

【平成19年】フリードリッヒとファイナーとの行政責任論について説明せよ。

【平成20年】ウェーバーの官僚制について、支配の3類型について述べた上で、説明せよ。

【平成21年】情報公開制度について意義を述べ、わが国における国及び自治体の導入経過と情報公開法に基づく国の情報公開制度の概要とについてそれぞれ説明せよ。

【平成22年】わが国の内閣制度について、明治憲法下の内閣制度との違いにも言及しながら説明せよ。

【平成23年】公務員の任用におけるメリット・システムを述べた上で、アメリカ、イギリス及び日本の公務員制度の成立過程についてそれぞれ説明せよ。

【平成24年】行政組織における独任制及び合議制について説明せよ。

【平成25年】行政委員会及び審議会について説明せよ。

【平成26年】稟議制について、長所と短所に言及しつつ説明せよ。

【平成27年】行政組織におけるラインとスタッフについて説明せよ。

【平成28年】リンドブロムのインクリメンタリズムについて、合理的意思決定に対する批判に言及して説明せよ。

【平成29年】官僚制について、ウェーバーの挙げた特徴及びマートンの唱えた逆機能について説明せよ。

【平成30年】日本における独任制及び合議制の例を、それぞれ説明せよ。

【平成31年】フリードリッヒとファイナーとの行政責任論争について、論争の主な論点を述べた上で、それぞれの行政責任論について説明せよ。

会計学

【平成16年】企業会計原則における、損益計算書の意義と作成原則について説明せよ。

【平成17年】資産の意義、分類及び評価について、それぞれ説明せよ。

【平成18年】企業会計原則の意義について述べ、企業会計原則における継続性の原則の意義についても説明せよ。

【平成19年】税効果会計の意義について説明し、税効果会計の2つの方法についても、それぞれ説明せよ。

【平成20年】負債の意義、分類及び評価について、それぞれ説明せよ。

【平成21年】資産の評価基準のうち取得原価基準の意義及び問題点を説明せよ。

【平成22年】収益の認識基準及び費用の認識基準について、それぞれ説明せよ。

【平成23年】企業会計原則における引当金について、その意義、設定要件及び分類をそれぞれ説明せよ。

【平成24年】有形固定資産の減価償却の意義、目的及び効果を述べた上で、減価償却の方法を説明せよ。

【平成25年】企業会計原則の一般原則のうち、正規の簿記の原則について、重要性の原則に言及して説明せよ。

【平成26年】棚卸資産の範囲を述べた上で、棚卸資産の評価方法のうち、先入先出法、平均原価法及び売価還元法について、その特徴に言及し、それぞれ説明せよ。

【平成27年】利益剰余金の意義及び種類について、それぞれ説明せよ。

【平成28年】企業会計原則における損益計算書原則のうち、営業利益、経常利益及び当期純利益について、それぞれ説明せよ。

【平成29年】キャッシュ・フロー計算書の意義と概要について説明せよ。なお、表示方法(直接法と間接法)にも言及すること。

【平成30年】発生主義と実現主義について述べた上で、費用収益対応の原則について説明せよ。なお、個別的対応と期間的対応の違いについても言及すること。

【平成31年】企業会計原則の一般原則について説明せよ。

公務員試験マッハ講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました