【専門記述レジュメ+解答例】M.ウェーバーによる支配の正当性の類型【政治学】

この記事は約4分で読めます。

レジュメ(論点)

1.権力論におけるウェーバーによる支配の3類型の位置付け
2.伝統的支配
3.カリスマ的支配
4.合法的支配

解答例の前に

解答に際しては、支配の3類型に関する基礎的な内容を適切かつ端的に説明できるかどうかが問われている。かた、合法的支配から官僚制への道筋を示すことができれば、よりおくゆきを持った答案構成として評価されるだろう。

解答例

支配とは持続的な権力の行使を意味する。M .ウェーバーは、権力を「ある社会関係の中において、抵抗を排除してでも、自己の意思を貫徹し得るおのおのの可能性を意味する」と定義した。これによれば、他者の意思に反して、自分の意思を通すことを可能にする力が「権力」である。このような持続的な権力行使、すなわち支配を安定化するためには、被支配者が支配者を認め、自発的に服従するための正当性が必要である。ウェーバーは支配を正当性(正統性)の源から整理し3つの理念型を示した。それが支配の3類型である。以下、支配の3類型について説明する。

まず、伝統的支配が挙げられる。これは被支配者が伝統や慣習に基づく神聖性を信仰し、伝統によって権威づけられた支配者に正当性を認めて服従している形態である。伝統的支配は慣習などに即して行われ、支配者も伝統に拘束される。したがって、支配者が伝統に反する行動をとった場合に、支配の正当性を失うことになる。また、伝統そのものの内容が曖昧なため、その支配もしばしば恣意的になり得る。

次にカリスマ的支配が挙げられる。これは支配者の持つ超人的な資質を被支配者が認めそれに服従することによって成立している支配形態である。この場合、支配はあくまでも個人的な資質への帰依に基づいているため、支配者、被支配者の関係は情緒的で、その支配のあり方は組織化されていない。したがってカリスマ的支配はしばしば不安定であり、支配者のカリスマ性が消えるか、もしくは認められなくなった際に、正当性を失うことになる。

最後に、合法的支配が挙げられる。被支配者が明示的で予測可能な一般的ルールに正当性を認め、そのルール・規則に基づく支配に従うことによって成立している形態である。合法的支配において被支配者は抽象的な規則の体系たる法に服従し、支配者もまた、かかる非人格的な法に拘束されている。ウェーバーによれば、身分の自由な官吏が契約によって構成する「近代官僚制」こそが、合法的支配の典型であり、純粋・合理的な官僚制であると評価した。

以上の3類型はあくまでも理念型であり、現実の支配が3種類のいずれか一つに当てはまる訳ではない。現代の支配も合法的に正当性をその中心に据えていると考えられるが、他の正当性を含まないわけではない。ほとんどの支配はこれらが混合した形で存在している。

支配の3類型は分析概念として我々に権力、権威を観察するための重要な示唆を与えているといえよう。

派生論点

(1)ウェーバーの官僚制論 ウェーバーは、自身が唱えた支配の3類型のうち、合法的支配は、制定された法規範の秩序の合理性に正当性の根拠を置くものであり、近代官僚制の特徴であるとしている。さらに近代官僚制に求められる構成要素として以下の5つを指摘した。

ア:権限(明確化)の原則
職務の執行は客観的に定められた法律や規則に基づいて実施され、権限の範囲も明確に規定。

イ:専門分化の原則
官僚になるには専門的な訓練を経た職業人が必要であり、専門性の追求により分業体制が採られる。組織への採用は専門能力によってなされ、世襲や情実などは廃止。

ウ:公私分離の原則
職務活動と私生活とは明確に区別され、私的利益と結びつかないように区別される。

エ:階統制の原則
各業務は、ピラミッド型をした階統制(階層)に編成されており、上下の指揮命令系統が一元的に明確化されており、下級機関は上級機関の命令に従う。

オ:文書主義の原則
官僚制に基づく活動は、全て客観的に記録され、保存された文書に基づいて行われる。

(2)官僚制の逆機能 第2次世界大戦後には、官僚制の合理的機能を認めつつも、「機能障害」も存在し、かえって問題を引き起こす可能性があるという主張が高まる。R .K.マートンはこれを「訓練された無能力」と指摘し、官僚制の逆機能として抽出した。

ア:法規万能主義(形式主義・杓子定規)
規則を遵守すること自体が至上目的化することで、法規万能主義に陥る可能性がある。

イ:セクショナリズム(割拠主義)
自らの所掌事務を中心に考え、他の機関との調整・協調に努めようとしない機能障害。

ウ:権威主義・保身主義・事なかれ主義
官僚に対する安定した身分と地位の保障は、強固な仲間意識を生み出し、権威主義・保身主義・事なかれ主義といった弊害となる。

エ:責任回避(たらい回し)
業務を回避し、ほかの職員や機関に押し付けるといった責任回避の行動様式を生み出す。

オ:レッド・テープ
文書作成の煩わしさは不平・不満の種になり、レッド・テープという病理となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました