【用意すべき論点数は?】専門記述試験とは その2【公務員試験】

この記事は約2分で読めます。

専門記述試験の対策

その1で述べたとおり、専門記述試験には答えがある。

そのため、対策としては択一試験と何ら変わるところは無く基本は暗記

志望先の過去問を一覧した上で出題を想像し、出題とそれに対応するキーワードを組み合わせた”レジュメ”を作成・暗記する作業を繰り返すことになる。

 

決して模範解答全体を暗記しようとしてはいけない
専門記述試験は性質上「対策をとっていないテーマが出たらアウト」な側面もあるため、多くの試験種では選択式となっている。例として都庁1類Bの試験種では憲法・民法・行政法、、、、等10題から3題を選択する形となっており、ほとんどの受験生は5科目以上を事前に対策しておき、その中から当日に3科目を選ぶという戦略をとる。1例として冒頭で述べたレジュメ暗記数の目安は以下の通り(都庁の場合)。
・得意科目(当日選択予定):20題程度 ✖️ 3〜4科目
・サブ科目(上記科目にて対応できないテーマが出題された時の逃げ道):5〜10題程度  ✖️ 2〜3科目
合計対策数:70題〜110題
上記の数を見ると、論文対策としては膨大な暗記量に思えてしまうが、使う知識が択一と重複している点と、論文の丸暗記は必要ない点を考えれば、そこまでの負担ではないはずである。
限られた時間の中で個人的におすすめしたいのは、予備校の専門講座にてレジュメを入手する方法である。
筆者は公務員試験に関して、予備校の年間コースは利用しない方が合格可能性が高まると考えているが、単科講座や模擬試験については大いに活用すべきだと考えている。その中でも専門記述のレジュメ(予想論点含む)は、予備校から入手するのが手っ取り早い。
完成論文については2〜3つ程度入手できれば十分であり、添削を何度も受ける必要も無いため、こういった条件で安価な講座を大手予備校から探せば良いだろう。論文の構成や論理性について長々と講義を受けるのは時間の無駄であるため、可能であればサンプル教材を見せてもらい、レジュメの形でまとまったものが多く掲載されている講座をチョイスすると良い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました